あの頃の誰か

あの頃の誰か (光文社文庫)

東野圭吾さんの短編集。
『秘密』の元になった短編が入っているというので、どんなものかと読んでみたら、エッセンスがぎゅっと詰まっていてこれはこれで面白いと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ