騙し絵の牙

騙し絵の牙 (角川文庫)

塩田武士さんが大泉洋さんにあてがきしたという小説。
出版社に勤める男性たちが出版業界の愚痴を言うばかりで、楽しい小説ではありませんでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ