ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

辻村深月さんの小説。
小学生が辛い目に遭うお話なので読んでいてつらいものがありますが、それ以上に考えることが多くて、主人公と一緒にどうしたらいいかなぁと考えながら読みました。

「ふくらし粉」「ベーキングパウダー」「メジャースプーン」が最終的にあっというような結びつきを見せるに違いない! と思っていたら、そこはそうでもありませんでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ