誰にも書ける一冊の本

誰にも書ける一冊の本 (光文社文庫)

荻原浩さんの著書。
兼業作家が父の死に際に立ち会いながら、父の書いた文章を読んでいくという話。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ