塞王の楯

塞王の楯 (集英社文芸単行本)

今村翔吾さんの直木賞受賞作。
歴史小説を読んでいると途中でよくわからなくなってしまうので敬遠していましたが、舞台が大津ということもあり、読んでおかなくてはと思ったところにサイン本を入手する機会に恵まれ、買ってきました。

歩いていけるぐらいの近所が舞台になっていて驚きました。
夫も一緒に読んだので、わからないところを質問して、最後まで読み切れました。
爽やかなラストだったのもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ