神の悪手

※当ページにはアフィリエイト広告が含まれます

神の悪手

芦沢央さんの、将棋をテーマにした短編集。
将棋のことをよく知らなくても芦沢央さんの作品にある「よくこんなこと思いつくなー!」の味わいは伝わってきて、楽しく読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

お知らせ

小説家デビュー作『成瀬は天下を取りにいく』が新潮社から3/17に発売されます! 滋賀県大津市が舞台の作品で、西武大津店やミシガンが登場します。読んでいただけるとうれしいです。