たまごの旅人

たまごの旅人

近藤史恵さんの小説。
添乗員になった若い女性が、一癖も二癖もあるツアー客に対し、うまくいかないこともありつつ奮闘する様子がとてもよかったです。
海外旅行が遠くなった今、旅行業界についても考えたくなる一冊でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ