少女を埋める

少女を埋める (文春e-book)

桜庭一樹さんの小説。
「少女を埋める」「キメラ」「夏の終わり」の3篇が収録されています。

表題作「少女を埋める」は書評の論争があったなと思いながら読んでいたら、その論争や起こったことが「キメラ」で記録されていて、驚きました。

「少女を埋める」が書かれた時点で起こっていなかったこと、おそらく考えもしていなかったことが、「キメラ」「夏の終わり」で書かれていくので、これまで読んだことのないような臨場感で読み勧めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ