ひとかどの父へ

ひとかどの父へ (朝日文庫)

深沢潮さんの小説。
朝鮮半島にルーツを持つ、小さい頃に生き別れた父の過去をさぐる話です。
どの登場人物の気持ちもわかるし、だからこそ辛いよねということが伝わってきました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ