銀橋

銀橋 (角川文庫)

中山可穂さんの小説。
宝塚シリーズの第3弾です。
こちらはトップスターと専科にスポットライトが当てられています。
これでいったん宝塚シリーズは終わるとされていますが、ひとりひとりのタカラジェンヌにドラマがあって、無限に小説ができるのでは!?と思ってしまうような面白さでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ