クレイジー・フォー・ラビット

クレイジー・フォー・ラビット

奥田亜希子さんの小説。
筆者と同じ1983年生まれの主人公の小学生時代、中学生時代、高校生時代、大学生時代、母親になってからが、当時の出来事と共に描かれています。
わたしも1983年生まれなので刺さりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ