夢で逢えたら

夢で逢えたら (文春文庫)

吉川トリコさんの小説。
女芸人と女子アナの話です。
テレビに関する固有名詞がたくさん出てくるので、我々のような昭和の終わりかけ生まれに刺さるところが多いです。

本筋とは関係ありませんが、わたしも「この辱めをどうしてくれるの」はすごく好きなフレーズです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ