ここは夜の水のほとり

ここは夜の水のほとり

清水裕貴さんのR-18文学賞受賞作を含む連作短編集。
すでに小説新潮で読んだ話もあったのですが、まとめて読むと見える景色が全然違って、一度通して読んだ後にまたもう一度読みました。

美大の学生や予備校の先生が主な登場人物ですが、生きた人間でない者も出てきます。
それでいて辻褄は合っていて、年表を作ってみたくなる話でした。

(初出『小説新潮』)
金色の小部屋 2018.8
最後の肖像 2019.5
ここは夜の水のほとり 2019.8
或る観賞魚 2018.12
森のかげから 2018.5

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ