手のひらの楽園

手のひらの楽園

宮木あや子さんの小説。
明るい青春小説かと思いきや、けっこう重いテーマも扱っていて、「一見楽しそうな女子高生たちもこういう悩みを抱えていたりするのだろうな」とリアルに感じられました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ