火のないところに煙は

火のないところに煙は

芦沢央さんの小説。
5篇の怪談が収められています。
ミステリーやオカルトっぽい味わいもあって、最後まで楽しめました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ