銀色の国

銀色の国

逸木裕さんの著書。
自殺に追い込むVRゲームが主なテーマになっています。
ちょっと難しいところもありますが、最後まで一気に読みました。
生きるってなんだろうと思わせてくれるような話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ