夢でもいいから

夢でもいいから

亀和田武さんの著書。
1980年代、90年代を賑わせた人たちをテーマにしたエッセイ集です。
新聞の書評で見かけて面白そうだったので読みました。
自分がまだ小さくて、なんとなく知っているだけの人や事件が当時を知る人から語られているのは興味深かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ