生のみ生のままで

生のみ生のままで 上

綿矢りささんの小説。
女性同士の恋愛の話ということは知っていて「ふんふん、そういうの流行りよね」なんて思いながら読みはじめました。
夢中になって上下巻の最後まで一気に読みました。
面白かったというよりも「よかった……」としみじみ思うようなお話。
ふたりの穏やかな未来を祈らずにはいられませんでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ