仮想儀礼

仮想儀礼(上) (新潮文庫)

篠田節子さんの著書。
先日読んだ荻原浩さんの『砂の王国』の先行作品と言われているのを知り、読みました。
両方とも宗教を立ち上げて、一度はうまくいくけれど、その後は……という話ですが、そこに至るアプローチは全然違います。

『砂の王国』のほうはわかりやすいストーリーで、『仮想儀礼』は言葉で説明できないような変な力が働いている雰囲気がよく出ていて、どちらが好きか読む人によって好みが分かれそうな感じでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ