ののはな通信

ののはな通信

三浦しをんさんの小説。
「のの」と「はな」の往復書簡で話が進んでいきます。
「女子高生の百合小説かな?」と思って読み始めたら、思いのほかスケールが大きな話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ