虚夢

虚夢 (講談社文庫)

薬丸岳さんの小説。
最近の作品と比べると初期の作品らしい感じがありますが、この頃から「型」ができていたのがわかります。
今回も先が気になってしまい、途中雑な読み方になってしまいました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ