刑事の慟哭

刑事の慟哭

下村敦史さんの小説。
ページ数が残り少なくなっても核心に近づいている感じがなくてハラハラしましたが、終盤の畳み掛けるような展開がすごかったです。
組織の中で主人公の置かれた立場が痛々しくて、居場所を探している犯人たちと自分自身がシンクロするところが見事です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ