死にがいを求めて生きているの

死にがいを求めて生きているの

朝井リョウさんの小説。
螺旋プロジェクトのうちの一冊です。
すごくよかったんですが……プロジェクト関係なく読みたかったな……というのも事実。
主人公二人の関係性がプロジェクトの設定そのままなので、純粋な朝井ワールドを求めている人にはミスマッチかもしれません。
それでもこの設定でここまで魅力的に書けるのはさすが!という感じがしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ