マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

東野圭吾さんの小説。
マスカレードシリーズとしてはホテル、イブと続く三作目ですが、時系列ではホテルの次の話です。
マスカレード・ホテルと同様にワクワクして読み進めました。
事件発生後の部分がちょっと「?」なところもありましたが、最後までハラハラさせてくれるのはお見事です。
大阪弁のカップルが結局どうなったのか気になりすぎます。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ