三月

三月 (ポプラ文庫)

大島真寿美さんの小説。
「同じ短大に通っていた女性たちのその後の人生」的なふわっとした話だと思って読み進めていたら、最後の章まできて「そういう意味だったの!?」と衝撃を受けました。
読み終えた後、この後のみんなどうなったのかな、と思いを馳せました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ