誓約

誓約 (幻冬舎文庫)

薬丸岳さんの小説。
薬丸さんの作品は「どうなるの? どうなるの?」と先を急ぎすぎて、途中を読むのが雑になってしまいます。
この作品も例にもれず、先が読めない展開でスリリングでした。
終盤の畳み掛ける展開はお見事。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ