拳銃使いの娘

拳銃使いの娘 (ハヤカワ・ミステリ1939)

ジョーダン・ハーパー氏の小説。
命を狙われている父と娘が逃げる話です。
ハッピーエンドになってほしいけどならないんだろうな~と思いながら読み進めました。
スピード感がよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ