大天使はミモザの香り

大天使はミモザの香り

高野史緒さんの小説。
音楽への愛が感じられるお話でした。
ラストには「それでいいの?」と思いつつ、光子の変わらなさにちょっとホッとする気持ちもありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ