僕らだって扉くらい開けられる

僕らだって扉くらい開けられる

行成薫さんの小説。
超能力を持った人たちの話です。
あまりシリアスになりすぎないところがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ