ケーキの切れない非行少年たち

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

宮口幸治さんによる話題の新書。
非行少年には認識能力に問題がある傾向にある、という本です。

わたしが印象に残ったのは、
非行少年は自尊感情が低いと書かれることが多いが、
自尊感情が低いのがすなわち犯罪につながるわけではないというくだり。
自分自身を適切に評価することが大事なのだといいます。

ほかにも「なるほど~」と思わされるところの多い本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ