天地に燦たり

天地に燦たり

川越宗一さんの松本清張賞受賞作。
島津家、朝鮮国、琉球国の三者の視点から書かれた歴史小説です。
やっぱり歴史小説は途中でついていけなくなります。
この本がどうこういうより、自分が読めないんだと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ