跡を消す

跡を消す: 特殊清掃専門会社デッドモーニング

前川ほまれさんの第7回ポプラ社小説新人賞受賞作。
特殊清掃のアルバイトをすることになった青年の話で、最後まで興味深く読みました。
生きることと死ぬことを考えさせてくれる本です。

この直前に「永遠についての証明」を読んでいて、あの人も特殊清掃の世話になったのだろうと想像せずにはいられませんでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ