永遠についての証明 

永遠についての証明

岩井圭也さんの第9回野性時代フロンティア文学賞受賞作。
表紙が「だれやねん」という感じですが、そんなことは気にならないぐらい面白かったです。

ひとことで言うと悲惨な話です。
わたしはこういう話をよく「ひでぇ話」と評するのですが、妙に救いがあるというか、これはこれでよかったのかも?とか、すごいね、みたいに納得してしまう話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ