PTAグランパ!

PTAグランパ! (角川文庫)

中澤日菜子さんの小説。
PTAを引き受けた元モーレツ社員のおじいさんがPTAを通じて新しい視点を手に入れていく話。
とにかく癖のある登場人物が多く、「これちゃんとスッキリさせてくれるのかな?」と思って読み進めました。
釈然としないところもありますが(わたしは最後まで都に対してムカついていた)、まぁこういうことってあるのかもね、という感じです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ