スペードの3

スペードの3 (講談社文庫)

朝井リョウさんの小説。
宝塚をモチーフにした劇団のOG、つかさ様にまつわるお話。
第1話はつかさ様ファンクラブ運営の1人の話、第2話はつかさ様ファンの1人、第3話はつかさ様自身の話です。
わりと暗い話なのですが、嫌な気分にならずに「こういうことあるね」と思いながら読み進めることができました。
宝塚好きな人なら特に興味を持って読めると思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ