創作の現場から

創作の現場から (集英社文庫)

渡辺淳一さんのエッセイ。
20年ぐらい前、中学生のときに読んだものを読み返してみました。
あの頃は漠然と小説家になりたいと思いつつ書いていなかったのですが、今ちょっと小説を書くようになって、あの頃よりは書いていることが理解できるような気がします。

この本で渡辺淳一さんは「作家は短編が書けないといけない」と言っているのですが、現在小説講座をしている鈴木輝一郎先生は「長編が書けないといけない」と言っていて、時代が変わったのだなぁと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ