リバース

リバース (講談社文庫)

湊かなえさんの小説。
いわゆるイヤミスですが、最後の展開が見事でおもしろかったです。
「たしかにお母さんがあのときあんなこと言ってたー!」と思い出しました。
主人公にも共感できるところが多々あり、フィクションとわかっていても心配になります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ