違和感

違和感

太田光さんが時事問題に切り込むエッセイ、というか口述筆記でしょうか。
すごく面白いです。
太田さんのいいところは、これまで読んだものや見たものをちゃんと自分のものにしているところ。
すんなり腑に落ちるし、納得できます。

傍から見ればじゅうぶん売れている太田さんなのに、まだまだ売れたいと思っていることが伝わってきます。
すごくしんどいだろうなと思いつつ、共感できるところもありました。
談志さんとたけしさんとうなぎを食べる話がすごく良かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ