マウス

マウス (講談社文庫)

村田沙耶香さんの小説。
主人公が瀬里奈に本を読むのをやめるよう言うのがどうも理解できず、「別にいいじゃん」と思っていました。

学校の教室の話というと「しろいろの街の、その骨の体温の」を思い出しますが、あちらはかなりつらい小説だったのに対し、それと比べるとこちらはだいぶマイルドな感じです。
逆にこれを読んでから「しろいろ~」を読んでいたら余計にダメージを受けていたかもしれません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ