タスキメシ

タスキメシ

額賀澪さんの小説。
高校の陸上部で長距離ランナーだったけれど怪我で走れなくなった男子生徒が、
料理研究部の女子と出会って料理に目覚める話。
食べ物の書き方が上手でとてもおいしそうです。
駅伝の話を期待しているとあまり満足できないかもしれません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ