君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫)

津村記久子さんの太宰治賞受賞作で、デビュー作(原題:マンイーター)。
主人公は卒業を控えた京都の大学生。
しかも地方公務員になることが決まっていて、自分と共通点が多く、
大学生の頃を思い出しながら読みました。

でも途中から凄惨な描写が出てきて「こんな話なの?」ってなります。
読後感は悪くないですが、イノギさんのことが心配になる感じでした。

津村記久子さんはいつも三人称が印象的なのですが、
デビュー作は一人称だったのか!というのも新たな発見でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ