私をくいとめて

私をくいとめて

綿矢りささんの小説。
さくさく読めてしまって、決してつまらなくはないけれど、普通の人の普通の日々という感じで、すーっと終わってしまったという感じです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ