腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)

本谷有希子さんの小説。
10年以上ぶりに再読しました。
お姉ちゃんのキャラクターが面白すぎた記憶があったのですが、再度読んでみると面白いだけじゃない怖さを強く感じるようになっていました。
前に読んだときは家族を失ったのち新しい道へのきっぷをつかんだ妹の清深のことを応援していた気がするのですが、こいつも相当ヤバいやつだなと認識を改めました。

時間とともに感じ方が変わったのが面白かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ