まともな家の子供はいない

まともな家の子供はいない (ちくま文庫)

津村記久子さんの小説。
そこまで悲惨な家庭ではないように見えるけれど、中にいるとつらい、ということがよく伝わってきます。
決して明るい内容ではないけれど、そこまで重くないのがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ