けむたい後輩

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)

柚木麻子さんの小説。
自分も柚木麻子さんみたいな三人称小説を書いてみたくて、勉強のつもりで読むのですが、いつも書き方そっちのけで小説に没頭してしまいます。
タイトルどおり「けむたい後輩」の話です。
出てくる人出てくる人みんな変な人で、最後どこに着地するんだろうと思っていたら、エピローグで「おおっ」と驚かされました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ