名も無き世界のエンドロール

名も無き世界のエンドロール (集英社文庫)

行成薫さんの小説すばる新人賞受賞作。
軽快な小説かと思いきや、かなり悲しい話です。
時系列が行ったり来たりするのでわかりづらかったものの、最後まで読めました。
その最後の最後も「???」って感じで、謎が残る作品です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ