名も無き世界のエンドロール

※当ページにはアフィリエイト広告が含まれます

名も無き世界のエンドロール (集英社文庫)

行成薫さんの小説すばる新人賞受賞作。
軽快な小説かと思いきや、かなり悲しい話です。
時系列が行ったり来たりするのでわかりづらかったものの、最後まで読めました。
その最後の最後も「???」って感じで、謎が残る作品です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

お知らせ

小説家デビュー作『成瀬は天下を取りにいく』が新潮社から3/17に発売されます! 滋賀県大津市が舞台の作品で、西武大津店やミシガンが登場します。読んでいただけるとうれしいです。