赤と白

赤と白 (集英社文庫)

櫛木理宇さんの小説すばる受賞作。
それぞれに家庭問題を抱える女子高生たちの重く暗い話です。
後味も悪いのですが、これでよかったのかもしれない、と思えるところもあって、そのバランスがいいと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)