白い花と鳥たちの祈り

白い花と鳥たちの祈り

河原千恵子さんの小説すばる新人賞受賞作。
新しい父親との関係に悩む女子中学生と、仕事ができない郵便局員の話です。
見覚えのあるシチュエーションばかり出てくるのに、不思議と引き込まれました。
展開が唐突なところもありますが、まぁこういうこともあるのかなと思いながら最後まで読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ