エンディングドレス

エンディングドレス

蛭田亜紗子さんの小説。
序盤で「どうせ死なないんでしょ~」と予想がついて、まぁそのとおりのお話なのですが、過程が丁寧に書かれていてとてもよかったです。
ポプラ社らしい小説だと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ