まひるの月を追いかけて

まひるの月を追いかけて (文春文庫)

恩田陸さんの小説。
どんでん返しというわけではなく、あちこち振り回され続けて「そこに着地するの?」という感じのストーリー。
わたしも主人公並みに鈍感なので全く気付かなかったのですが、注意深く読んでいれば結末が読めるのかもしれません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ